ギリギリ昭和生まれの気にしいブログ

2児の父、30代<気にしい>のサラリーマンが「子育て」「ビジネス」「ライフスタイル」をテーマに悩み迷走する奮闘記です!

許しまじ

カフェ!?お高く止まってんじゃねー!

投稿日:2021年3月28日 更新日:

今日は久しぶりに毒を吐きたいと思います!!
この前カフェ的なところで家族で夕飯を食べたんですよ。

っていうか、そもそも「カフェ」とかいう言葉がキライ!なにお高く止まっちゃってんの!?喫茶店って言いなさい喫茶店って!!!
ジャパニーズじゃないのあなたたち!!

「カフェと喫茶店って違うよねーー」とかウルセェ!!
一緒だよ!!
茶をしばければ一緒!

「カフェ=おしゃれ」なんじゃ「おしゃれ」って!!!

、、、、、、、っは!!!!
全然関係ないところで猛毒を吐いてました!

話は戻ってカフェですよカフェ、、、、カフェ!!!??
また調子に乗ってカフェとかいってんじゃ、、、、

いい加減しつこいと思うのでやめますが、コーヒーとかお茶とか出してくれて、お茶一杯だけでも長時間楽しくお話をしていい的な罪悪感の少ない飲食店あるじゃないですか???
あそこに家族4人で行ったんですよ。

その日はある小学校で卒業演劇があり、それを家族で見て感動。。。。S D Gsを題材とした劇で子供たちは生き生き!小学生の頃にこう言う「表現」の世界を体感することは本当にいいことなんだなぁ。としみじみと思いました。

劇が終わり、時間にして19時過ぎごろ、それはそれはお腹が空いた状態で喫茶店に行ったんですよ。

中に入ると

「なんということでしょう。ナチュラルを基調とし、木の素材を生かした明るい雰囲気。2階からしか入ることができなかったあの狭い玄関が見事に変貌を遂げました」(劇的ビフォーアフター風)

と言う感じでかなり素敵な雰囲気!
妻と子供は嬉しそう。

僕的には、むさ苦しいおっさんサラリーマンがグレー色のハンカチで額の汗を拭いながら、慣れないパソコンを人差し指で打ち込んでいるような喫茶店が好ましいのですが今回はそうではありませんでした。

Googleのクチコミでなかなか良かったので楽しみにしながらハンバーグプレート、お子様プレートをそれぞれ2つずつ注文。

店員さんは2名のみ、お客さんは3グループくらいでしょうか。

15分くらいしてからセットの飲み物が届く、、、、、おそ!まぁそれはしょうがない。。。。

30分後、、、、まだ飯来んのかい!!

45分後、、、、やっときた!!!
ワンプレートにおしゃれな野菜やらハンバーグやらが乗っていてインスタ映えには最高!!何かしらこれ?ラディッシュかしら??

ウルセェ!!
そしておせえ!!!!
すき家のドライブスルーで牛丼買ってきてテーブルに置いてくれ!!!

流石に遅いのに対してはそんなに気になりませんでしたが、料理を置いた時の定員さんの一言がこれ、、

「すいません、、、、、順番に作ってますんで。」

知っとるわ!!!
別に特別順番抜かして作れなんて言ってねーし!!!
あれか!?ディズニー的なチケットあるんか!?
俺ハンバーグプレートのファストパスチケット持ってないし!!!!
アストロブラスター並みには待ちましたけど!!??
期待したほどカリブの海賊がリニューアルされてませんでしたけど!!!??
ギャラクシックピザとクリッターカントリーのでっけーチキンが好きですけど!!!?


「順番に作っている」ことが遅くなった理由じゃねーだろ!!

ちゃんとこう言いなさい!!

「インスタ映えを狙ってワンプレートにした結果、作業ロスが非常に多く、生産性の低下だけでなく顧客満足度も低下しています。そしてこの時間帯における大して多くない客数に対して捌くことができないシステムになってしまい誠に申し訳ございませんでした。」

これでしょうが!!!(嫌なやつ!笑)
定員さん個人の問題ではないのでパーソナルな部分は攻めたいとは思いませんがシステム的に問題がありますよね。。。。

品質には 当たり前品質、魅力的品質、一元的な品質があります。

【当たり前品質】
できて当たり前のこと。料理が早い。料理が暖かい。などできて当たり前の部分の品質をいい。これができても顧客の満足につながらない。
今回はまさにこれ!!

【魅力的な品質】
写真映えする料理の見た目。等、無くても不満にはならないがあると満足する品質。


つまり、当たり前品質が悪いだけで顧客満足度は大きく下がる。このパターンですね。

実にもったいない!!!
そんなことを思った夜でした!!

読んでいただきありがとうございました!

-許しまじ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チップ&デールはとんでもない奴!!<許しまじシリーズ>

引用:disney.wikia.com  我が家の子供たちはDWEという英語教材で英語学習をしているのですが、その教材の本に書いてある話に、とんでもない茶ネズミ兄弟が現れましたので今回それを紹介したい …